出来る上司はここが違う?!愛され上司に学ぶ社員教育

感情的にならず、部下の話を聞く

まず、部下に嫌われない最低条件は、叱る時に感情的にならないことです。感情的に怒ってしまうと、部下は萎縮してしまい、言いたいことも言えなくなってしまいます。また、いき過ぎると、パワハラで訴えられかねないので注意が必要です。
好かれる上司は、部下を叱るときも冷静かつ論理的に何処が悪かったのかを説明し、部下自身が自ら行動や考え方を改めるよう促します。また、どんなに拙くとも、部下の意見に耳を傾け、最後まで話を聞きます。誰でもそうですが、話をきちんと聞いてくれる人には好意を持つものです。
また、話をさせることは考えをまとめるトレーニングにもなります。部下との距離を感じる人は、まずこの2点から始めてみましょう。

フォローはするが、仕事も任せる

次に、適切なタイミングでフォローを入れているかがポイントとなります。自然な形でフォローが入れられるということは、部下をきちんと観察している証拠でもあります。ミーティングや会議の場だけでなく、日常の会話から部下が何を考え行動しているのか把握するよう心掛けましょう。そして、フォローを入れるだけでなく、時には仕事を任せてしまうことも大事です。仕事を任せてもらえた部下は「信頼してもらえている」「技量を認めてもらえている」と思い、ますます積極的に仕事に取り組むようになります。
言い換えると、愛される上司とは、部下のいう事に耳を傾け、きちんと行動を見守り、成長を後押ししてくれる人と言えます。貴方も愛される上司を目指して、愛情を持って部下の育成に力を注ぎましょう。