明日から試したくなる!誰でも簡単ワンポイント教育

失敗を前向きにとらえること

社員教育として誰でもすぐ簡単に実施できる、ワンポイント教育をいくつかご紹介します。まず第一におすすめしたいのが、失敗を前向きにとらえる考え方の提案です。社員教育は時間も限られており、なるべくわかりやすい言葉で伝えることも重要になってきます。誰でも失敗はしたくないものですが、失敗を経験することで得られるものは大きいです。失敗を前向きにとらえて、積極的に行動していくことで人は成長できます。自分の失敗談を話してみるのも、ワンポイント教育として有効な方法でしょう。人の失敗を知ることで、自分を客観的な立場から見やすくなります。たとえ大きな失敗でも、必ず成長へつなげられることが伝えておきたいポイントです。

大声を出してみること

社員教育は緊張感が高く、社員が必要以上にプレッシャーを感じてしまう恐れもあります。社員に本来のパフォーマンスを発揮させるためにも、肩の力を抜いてもらうワンポイント教育を行うのが有効です。やり方はとても簡単で、大声で質問に答えてもらうという流れになります。皆で大声を出すことによって、社員教育の雰囲気を和やかにするのが狙いです。会場の環境に配慮しつつ、できるだけ全力の大声を出してもらうのがポイントになります。大きな声を出せば姿勢も良くなり、自信も生まれてきます。長時間行う必要はなく、社員教育のアクセントとして間に挟むだけで大丈夫です。すぐできるワンポイント教育なので、ぜひ明日から試してみて下さい。

新人研修を実施するメリットとして、同期の社員との間でコミュニケーションを図れることや、社会人としての自覚を持てることがあります。